Management byelaw

管理運営細則

本細則は利用規程に基づく

1.目的
本細則は、「YMCA一橋ホール利用規程」(以下、本規程)に基づき、YMCA一橋ホール(以下、ホール)の管理・運営に関する細則について定める。

2.ホールの運営要領
ホールの基本的な運営要領は以下の通りとし、ホール運営委員会(以下「委員会」という)が管理主体となる。
①  ホールの鍵は備付けのキーBOXに保管し、利用の都度、利用者である主催者にBOXの開錠用暗証番号を通知する。終了後は施錠後、主催者がキーBOXにホールの鍵を収納する。
②  ホールの利用時間は原則として午前9時から午後9時まで1時間単位とする。但し楽器等を使用する場合は午後8時までとし、周辺への音量などの配慮を行う。
③  ホール内の照明・空調・什器等は主催者の自主的な管理・操作によるものとし、終了後は清掃を行い原状
復帰、即ち利用前の状態に復帰させるものとする。
④ 本規程第5条の実費相当額は1時間当たり300円(消費税別)とする。
⑤ 本規程第5条の寄附金基準額は1時間当り千円とする。 
⑥ ホールでの開催行事については原則として参加無料とし、チケット販売等は行わないものとする。
  行事開催に要する経費は原則として主催者が負担するものとする。
⑦ ホール内は禁煙であり、室内での飲食は委員会が承認した場合を除き原則として禁止する。
⑧ ホールでの開催行事に関連する物販行為は委員会が承認した場合を除き、原則として禁止する。
⑨ ホール内での急病人の発生や火災・盗難等の事件・事故に関しては主催者の責任で対処するものとし、当会は原則として責任を負わない。
⑩ 利用者の過失等により、ホール建屋・設備・備品等を毀損した場合、主催者はその賠償責任を負う。

3、ホールの利用手続き
ホールの利用を希望する者は、下記の申込開始期日に従い、当会HPの申込フォーマットに必要事項を記入し、
ホール運営委員会に利用申込を行うものとする。
(本規程第3条の場合:当会主催行事での利用)
利用日の1年前から予約可能で、遅くとも利用日の一週間前には予約することを原則とする。
(本規程第4条の場合:当会以外の個人・諸団体主催行事での利用)
利用日の2ヶ月前から予約可能で、当会主催行事の予定がない場合に委員会の審査を受けるものとする。遅くとも利用日の二週間前には申し込むものとする。キャンセルは寮生委員へ連絡するが、一週間以内のキャンセルについては取消料として千円を申し受けるものとする。
一橋大学の文化部サークル等で定期継続的な利用を予定する場合は、別途、事前に協議するものとする。
(利用日当日の手続き)
利用者は利用開始時間の30分前から準備のためホール使用は可能とし、前掲の方法で開錠する。
終了後は所定のチェックシートに従い原状復帰を確認した後、鍵を返却収納する。実費相当額及び寄附金は原則として申込承認後に指定口座に入金するものとする。領収書が必要な場合は予め申し出るものとする。

4.本細則に定めのない事項の処理
本細則に定めのない事項の処理については、委員会で取り扱い、必要に応じて当会理事会へ諮るものとする。

5.附則
(1) 本細則は2020年6月1日より施行とし、予約受付も同日に開始する。

                                                 以 上

利用規程

CONTENTS