1. HOME
  2. ブログ
  3. 河童忌

河童忌

7月24日は「河童忌」です。

いわゆる・・芥川龍之介の命日。

享年35歳。

なんとも、早すぎる死ですね。

致死量の睡眠薬を飲み、服毒自殺・・とのこと。

稀代の文豪の短すぎる生涯であり、
芥川龍之介の小説「河童」から取って、河童忌と称されてます。

純文学の登竜門としての最高峰「芥川賞」は、つとに有名ですね。

 

▼以下、抜粋。

夏目漱石に師事し、
早熟な才能を開花させた芥川は『鼻』で文壇デビュー。

その作品の多くは短編である。

「芋粥」「藪の中」「地獄変」など、
『今昔物語集』『宇治拾遺物語』といった古典から題材をとったものが多い。

『羅生門』『河童』など、多くの名作を生んだ。

また、「蜘蛛の糸」「杜子春」といった児童向けの作品も書いている。

「人生は一箱のマッチ箱に似ている。
重大に扱うのはばかばかしい。
重大に扱わなければ危険である。」

は『侏儒の言葉』の中の有名な一節。

1927年この日、自ら命を絶った。享年35歳。

 

▲抜粋、ここまで。

たまには、純文学にふれましょう。^^

 

関連記事